google-site-verification=J7i02pCkrh1LIiXDfRXy9wHyIMq8s_buOPEHmrs9Qog

ほねつぎ院長ブログ

心と身体のお悩みをサポート

MENU view raw

腰痛の原因はストレスだった!全体の85%は原因不明という事実

f:id:moroaofuji:20190828174357j:image

病院の検査で原因を特定できる腰痛は、全体のわずか15%です。

 

残りの85%は原因不明の痛みであり、その多くにはストレスが関係してるという事実をご存知でしょうか。

 

避けることのできない様々なストレスが脳の機能異常を引き起こし、自律神経の乱れから筋肉や血管が緊張し痛みが生じます。

 

この記事では、

  • ストレスで腰痛が起こる理由
  • 各種ストレス要因
  • 腰痛によって増えるストレス

 

について解説します。

 

姓名占星パワーストーンブレスレット 満月にお届けします
どんなブレスが製作されるか検索で確認できます【テラピス】

 

 

目次

 

ほとんどの腰痛の原因はストレス

病院に行くと、レントゲンやMRIで骨や椎間板の異常を調べます。

 

そこで言われるのは、

  • 椎間板が潰れています
  • 椎間板ヘルニアです
  • 脊柱管狭窄症です

 

といった、骨や軟骨の異常です。

 

そして、「年だからうまく付き合っていきなさい」とか、「悪化した手術しましょう」とおどかされることもあります。

 

中には、「骨には異常がないから安静にしてなさい」といわれる人もいます。

 

しかしながら、画像検査から分かるのは「骨や椎間板の異常の有無」であり、痛みの原因ではありません。

 

 

骨に異常があっても痛くない人がいる

腰が痛いときに検査をして、骨の異常が見つかればそれが原因だと思ってしまうのですが、必ずしもそうとはいえません。

 

その理由として、腰痛のない人を集めてMRIで検査をしたところ、76%以上の人にヘルニアが見つかったという研究があることからもわかります。

 

つまり、「ヘルニアがあるけど痛くない」人がいて、「ヘルニアがないけど痛い人」がいるということから、ヘルニアと腰痛との相関関係がないことがわかります。

 

これは、その他の骨の変形や変性についても例外ではありません。

 

f:id:moroaofuji:20190828174508j:image

 

ではなぜ痛いのか

骨の状態が痛みと関係ないとなると、痛みの原因は一体何なのでしょう?

 

筋肉のこわばりや血流の悪化など、痛みを発生させる要因は色々とあります。

 

 

筋肉や血管を緊張させる自律神経の乱れは、不規則な生活や様々なストレスによって引き起こされます。

 

また、精神的なストレスや痛みによるストレスから脳の機能が低下すると、痛みを鎮める脳内物質が分泌されず、脳の痛みの興奮が強まるのです。

 

 

自律神経の乱れはストレス反応

強いストレスを感じたり、嫌なことを後から思い出しただけでも、心臓がキュッとなったり、手に汗をかいたりすることがあります。

 

これは、はるか昔から人間に備わっている、ストレスに対する本能的な防衛反応であり、闘争逃走反応と呼ばれています。

 

f:id:moroaofuji:20190828174628j:image

 

たとえば、野山を歩いているときに危険な猛獣に遭遇したとします。

 

このような場面では、戦うか逃げるかを瞬時に判断しなければいけません。

 

この時、脳の扁桃体(へんとうたい)という部位が活動して「快か不快」かを判断し、瞬間的に行動にうつせるように脳や体を戦闘態勢にもっていきます。

 

この扁桃体が本能的な感情や行動に関与し、心や身体にさまざまな反応を引き起こします。

 

扁桃体についての解説は、「イライラしたり悲しくなったりする理由 脳の扁桃体とは」で解説しています↓

www.moroaofuji.work

 

ストレスが体に及ぼす変化

ストレスがあるとき、ノルアドレナリンという脳内物質が分泌され、交感神経に作用し身体を活動状態にします。

 

日中起きているときには交感神経が優位となるため、心と体は緊張状態にあります。

 

一方で、夜はリラックスして心や身体が休まるように、副交感神経優位に切りかわります。

 

ところが、夜になっても嫌なことを考えていたり、夜遅くまでテレビやスマホの画面を見ていると、交感神経が過剰に働くことになり身体は休まりません。

 

こうした生活が長くなると、交感神経と副交感神経のバランスが乱れ、睡眠が浅くなり身体の修復もしっかりと行われません。

 

 

ストレスで脳の機能異常が生じる

ストレス環境が長くつづくと、脳はダメージを受け働きを低下させてしまいます。

 

ストレスホルモンの分泌が増え、心や身体への影響が出てきます。

 

  • 痛みに過敏になる
  • 意欲の低下
  • マイナス思考になる

 

ますます痛みに過敏になり、外出を控えるようになります。

 

「動くと悪化するかもしれない」「悪い病気が隠れているかもしれない」という考えがストレスになり、さらに痛みを感じやすくなるという悪循環に陥ります。

 

 

脳の機能異常による痛み

通常であれば、ケガなどの損傷が修復されると、脳の前頭葉(ぜんとうよう)がその痛みの興奮を鎮めるように指令を出します。

 

すると、脳の痛みの興奮が次第に鎮まり、痛みの感覚も消えていくわけです。

 

しかし、痛み刺激や、不安や恐怖といったストレス感情が脳に負担をかけ続けると、前頭葉はその働きを低下させてしまいます。

 

そうなると、鎮痛物質であるドーパミンやエンドルフィンの分泌が低下し、ますます痛みに過敏になってきます。

 

 

不安や恐怖の感情が増えていく

痛みが悪化しそれが長期にわたると、新たな不安が生じます。

 

「このまま治らないのではないか」「見逃された原因があるのではないか」など、頭の中で痛みに対する不安がぐるぐる回り始めます。

 

痛みを悪化をさせないためにといった考えで過剰に体を守るようになると、外出を控え、これまでやっていた趣味や楽しみなどをあきらめてしまうことになります。

 

寝ていると痛みが楽だからと、1日のほとんどを横になって過ごす人もいます。

 

楽しめることがなく、孤独になり、気持ちが落ち込むといった状況では、痛みのことばかりに注意が向き、さらに痛みは象徴化されていきます。

 

 

動かすことへの恐怖

動くと腰痛が悪化してしまうという思いが強いと、体を動かすのが怖くなります。

 

たとえば、過去にしゃがんで痛みが強くなった経験がある人は、再びしゃがもうとするだけで、腰やお尻の筋肉が過度に緊張してしまいます。

 

これは痛みへの反応というよりも、脳に記憶された「しゃがむ動作は腰に悪い」という、動作に対する恐怖心からくる条件反射的な反応といえます。

 

必要以上に体を守り、安静の期間が長くなるほど痛みを感じやすくなることがわかっています。

 

 

動ける範囲で動くことが回復への鍵

安静にする期間が長いほど痛みが強くなってきます。

 

筋肉を動かさなければ血液の流れが悪くなり、組織に栄養や酸素が運ばれませんから、痛みや痺れ、冷え、脱力といった症状が新たに生じることになります。

 

こうなってしまうと、腰痛患者は痛みが悪化したと思い込み、さらに体を動かさなくなるという負のスパイラルです。

 

まずは体を動かして、動くことへの不安や恐怖をなくし、負のスパイラルから抜け出すことが最重要といえます。

 

f:id:moroaofuji:20190828174733j:image

 

痛みのきっかけも、長引く理由もストレス

職場の移動、結婚、引越し、昇進、金銭的問題など、これらは全てストレスになります。

 

ギックリ腰などで訪れる人も、よく話を聞いてみると環境の変化や対人関係等のストレスに悩んでいる人が非常に多いことに気づきます。

 

また、その人の性格や、考え方のくせも回復に影響与えます。

 

  • こだわりが強い
  • 完璧主義
  • 生真面目

 

といった性格の人が多く、「痛みがなくなるまで歩いてはいけない」「以前のようにできない」という考え方から、「完治するまで何もできない」という極端な考えかたになりがちです。

 

日によって痛みが少ない日や、行動によって痛みが楽になるときもあるはずです。

 

良くなった所にも目を向けて、今できることをやっていくことが大切なのです。

 

 

まとめ

  • ほとんどの腰痛の原因はストレス
  • 骨に異常があっても痛くない人がいる
  • 自律神経の乱れはストレス反応
  • ストレスが体に変化を及ぼす
  • ストレスで脳の機能異常が生じる
  • 脳の機能異常によって痛みに過敏になる
  • 腰痛に対する不安や恐怖の感情が増えていく
  • 動かすことへの恐怖が増す
  • 動ける範囲で動くことが回復への鍵
  • 痛みのきっかけも、長引く理由もストレス

 

まずは、腰痛の原因にストレスが大きく関わっていることを知ることです。

 

そして、自分が腰痛に対する不安や恐怖の感情持っていることに気づき、前向きに対策していくことが何より大切といえます。

 

 

参考図書 脳に教えれば腰痛は楽になる

脳に教えれば腰痛は楽になる

脳に教えれば腰痛は楽になる

 

 

Twitterでも発信しています⬇️

あおば🦴ほねつぎ院長 (@aofujiseikotsu) on Twitter

 

YouTubeでも発信しています⬇️
あおふじチャンネル - YouTube

 


鶴ヶ島市の整体整骨院 - あおふじ整骨院