google-site-verification=J7i02pCkrh1LIiXDfRXy9wHyIMq8s_buOPEHmrs9Qog

ほねつぎ院長ブログ

心と身体のお悩みをサポート

MENU view raw

【腰痛の原因はストレス】恐れず動くことが一番の対処法

f:id:moroaofuji:20190731113951j:image

 

腰痛にはストレスが関係していると言われても、「そんなのごく一部の人でしょ」なんて思っていませんか?

 

検査をしても原因がわからない腰痛は全体の85%以上も存在し、その大半には心理的ストレスが関係しているといわれています。

 

とはいえ、重いものを持ち上げたり、スポーツなどで強くひねったのが原因で腰痛になったのなら納得がいくと思いますが、「あなたの腰痛の原因はストレスです」といわれても、素直に受け入れるのは難しいのではないでしょうか。

 

ストレスや不快な感情の影響で、脳が機能異常を引き起こします。

 

腰痛になった人にこのようなお話をすると、「私にはストレスなんてないですから」なんて声も聞こえてくるのですが、ストレスが全くないなんてことはあり得えません。

 

暑い、寒い、転勤、出張、暇すぎる、忙しい、面倒、頑張りすぎなど、注意してみればストレス要因はいくらでもあります。

 

誰でもストレスを潜在的に感じていることがあるんです。

 

 

いずれにせよ、心と体、つまり脳と体は深く関係しており、ストレスが腰痛の原因になることがあるのです。

 

 

目次

 

 

不安や恐怖は腰痛の敵

痛い場所は良くなっているのに、痛みだけが残ってしまうことがあります。

 

このとき、脳内の痛みを抑制する働きが弱まっていると考えられます。

 

たとえばどこかが痛いとき、痛みを抑制する脳内物質が分泌されます。

 

  • エンドルフィン
  • ドーパミン

 

こうした脳内物質が分泌されると苦痛や痛みを感じにくくなります

 

ところが、不安や恐怖が強まると脳の報酬系が機能低下し、痛みを鎮める脳内物質が減少し痛みが収まりにくくなるのです。

 

f:id:moroaofuji:20190709105519j:image

 

 

自律神経の乱れ

不安や恐怖などの感情によって自律神経系が乱れ、様々な組織に痛みやその他の機能障害が起こります。

 

  • 筋肉
  • 神経
  • 靭帯

 

こうした組織の血流量を減少させ、痛みやしびれ、脱力感を生じさせます。

 

 

自律神経についての関連記事

自律神経を整える6つの方法【リラックスできる生活習慣を分かりやすく解説】 - ほねつぎ院長ブログ

 

 

痛みに伴う不安はなぜ起こるのか

痛みが生じると、痛みの原因が気になりそれを確かめたいと思います。

特に悪いところがなければ安心できるのですが、検査によって不安が強くなることもあります。

 

 

診断名による不安や恐怖

腰痛になって病院に行くと、まずはレントゲンやMRIで骨の検査をします。

 

そこで発見されるのが骨や軟骨の変形です。

 

医師から、「骨が変形してます」「椎間板が潰れています」のような説明を受けると、患者さんは驚いて「大変なことになった」と不安を抱えてしまうことになります。

 

  • 腰椎椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • 腰椎分離症
  • 腰椎すべり症

 

このような診断をされるケースは非常に多く、手術をしなければ治らないという不安や恐怖がどんどん増えていきます。

 

 

f:id:moroaofuji:20190709105632j:image

 

 

日常生活動作への恐れ

腰痛を経験した人には、腰痛に対する不安や恐怖または悲観的な考えがでてきます。

 

このような感情がストレスとなり脳機能の不具合を引き起こします。

 

またこの痛みを繰り返したくないといった再発への恐れから警戒心が生まれます。すると、腰を守らなければならないという考えが強くなり、体を動かすことへの恐怖心が強くなり活動量が減ってしまいます。

 

すると、いろいろな行動が億劫になり、外出を控え、さらには体を動かさなくなることで筋力はおとろえ、痛みはさらに悪化するという悪循環に陥ります。

 

 

心理的なストレスが痛みを強くする

私の患者さんの中にも、友人や会社の上司にひどいことを言われたのをきっかけに腰痛を発症したという人もいます。

様々な心理的ストレスが痛みを作り、悪化させる要因にもなります。

 

痛みの感じ方は脳のコンディションによっても変わります。

 

脳の扁桃体というところが、不安や恐怖といった感情や痛みを感知します。

つまり、痛みを嫌なもの、不快なものと判断し扁桃体が活動を強めると、脳の痛みを制御する機能が正常に働かず痛みに過敏になってしまうのです。

 

扁桃体について詳しく知りたい方は、イライラしたり悲しくなったりする理由【脳の扁桃体とは】 - ほねつぎ院長ブログをお読みください。

 

 

安静にしすぎないのが一番の腰痛対策

腰痛になって安静を保つことはデメリットが多く、回復のために良いことは何一つありません。

 

  • 筋肉がおとろえる
  • 恐怖が増す

 

適度に体を動かさなければ筋肉がおとろえます。その上筋肉の柔軟性が失われ、コリがひどくなり血流が低下、組織に酸素が十分に運ばれず痛みの物質が増えるという痛みの悪循環に陥ります。

 

f:id:moroaofuji:20190709105849j:image

 

また、安静にすることで腰痛に対する恐怖が高まります。

 

腰をかばう癖がつくと、いざ行動するときにその恐怖で体が固まり痛みが再現されます。

 

結果として痛みは強くなり、生活に支障きたします。

 

 

まとめ

  • 不安や恐怖は痛みを強くする
  • ストレスによって鎮痛効果がある脳内物質が減少する
  • ストレスで自律神経が乱れる
  • 痛みに伴い不安が生じる
  • 診断名によって不安や恐怖が生じる
  • 日常生活動作への恐怖が植えつけられる
  • 心理的なストレスが痛みを強くする
  • 安静にしすぎないのが一番の腰痛対策

 

 

画像診断の説明による不安や動くことに対する恐怖が増え、脳機能の異常、筋力低下、意欲の低下が起こります。

不安や恐怖は痛みを強くするのです。

 

まずは正しい知識を得て動くことを恐れず、いつも通りの生活を送ることが回復への早道です。

 

 

Twitterでも発信してます⬇️

あおば🦴ほねつぎ院長 (@aofujiseikotsu) on Twitter

 

YouTubeでも発信してます⬇️

あおふじチャンネル - YouTube

 

鶴ヶ島市の整体整骨院 - あおふじ整骨院