google-site-verification=J7i02pCkrh1LIiXDfRXy9wHyIMq8s_buOPEHmrs9Qog

ほねつぎ院長ブログ

心と身体のお悩みをサポート

MENU view raw

【腰痛ベルトの効果】使い方を間違えると逆効果な理由

f:id:moroaofuji:20191210155841j:image

腰痛持ちなのでコルセットは手放せない…

腰ベルトがないと不安…

 

腰痛予防のためにずっとコルセットを使っているのに、腰痛が治る気配もない。

そもそも予防に効果はあるんだろうか?

 

このようなお悩みにお答えします。

 

腰痛でひどい目にあった人ほど、このような考えで腰痛ベルトを常用している人が多いです。

 

しかしながら、腰痛ベルトが腰痛の予防になるという科学的な根拠は、今のところありません。

 

それでも、ぎっくり腰の激しい痛みで身動きが取れないような人は、活動する時のサポートとして一時的に使うのは良いと思います。

 

この記事では、

  • 腰痛ベルトに予防効果はないこと
  • 腰痛ベルトに頼りすぎない方がいいこと

 

これらについて述べていきます。

 

目次

 

腰痛ベルトに予防効果はありません

これまで腰痛を経験したことがある人は、作業する時や重いものを持つ時、腰痛ベルトを使用する人が多いと思います。

 

しかしながら、腰の装具が腰痛を予防するという効果は、まだ科学的に証明されていません。

 

少なくとも腰痛の予防には役に立たないとされており、

 

世界の腰椎診療ガイドラインの中でも、推奨されてはいないのです。

 

 

腰痛ベルトに頼りすぎない

腰痛ベルトはずいぶん前から腰痛対策として使われてきました。

 

それ以前にも、サラシでぐるぐる巻いて固定するなどの対策が講じられてきました。

 

ベルトなどで圧迫することによって腹圧が上昇し、腰回りは安定します。

 

すると、痛みの軽減とともに安心感が得られるのですが、それと腰痛を予防できるかは別問題なんです。

 

f:id:moroaofuji:20191210152254j:image

 

腰ベルトを常用するのは恐怖の表れ

「またこのような痛みを繰り返したくない」

「腰に負担をかけてはいけない」

 

このように、いちど腰痛を経験したことがある人は、また再発させないためにいつも腰を気にしてしまいます。

 

「腰の負担を減らさなければいけない」という考えから、腰に悪い動きを避けて腰痛ベルトを使用するのです。

 

これは、腰痛に対する不安や恐怖が強いことを示しているともいえます。

 

 

不安や恐怖は腰痛の敵

不安や恐怖といった感情や、様々なストレスが脳に不具合を引き起こし、人間の体に本来備わっている、痛みを抑制させるシステムに影響を与えます。

 

痛みを抑制する脳内物質の分泌を低下させ、痛みを強く感じさせてしまうのです。

 

また、このような不快を避けようとする思考が強まると、後向きの考えがばかりが出てきて、行動する意欲がなくなり、体も衰えてしまいます。

 

腰痛に対する不安や恐怖については腰痛は恐怖や不安との戦い!安心を手に入れる3つのコツ - ほねつぎ院長ブログをお読みください。

 

 

長期間つけることのデメリット

腰ベルトを長期間使うことによって、腰を動かす機会が少なくなります。

 

使わない筋肉は衰え硬くなり、血流が低下します。

血流が低下したところには痛みの物質が発生しやすく、酸素が不足した組織にしびれや脱力を生じさせます。

 

その痛みを避けるためにまた動かさなくなる、という悪循環なのです。

 

腰ベルトに頼りすぎている人は、少しずつでも付けない時間を増やしていくことが大切です。

 

 

少しずつ自信を取り戻す

長い間腰痛ベルトに頼っている人は、はずして生活したときに、「どうなってしまうか分からない」不安があるものです。

 

ですから、「今日からはずして生活しなさい」と言われてもそうはいきません。

 

やれば出来ることでも、そこにネガティブな感情が伴うと実行するのは困難になります。

 

いきなり付けない生活に変わると、それまで休んでいた筋肉が久しぶりに使われて、一時的な痛みが出ることもあります。

 

一時的な痛みなら、それほど気にすることはありません。

 

でも多くの人は、それが悪い痛みだと思い込み、「やっぱり自分の腰はダメなんだ」と自信をなくしてしまいます。

 

運動後の一時的な痛みは「体が強くなっていくしるし」ですから、「良い痛み」と捉えましょう。

 

とはいえ、最初は不安でしょうから、いきなり無理せず、つけない時間を少しずつ増やしていくことをお勧めします。

 

f:id:moroaofuji:20191210155757j:image

 

ゼロか100で考えない

痛みが長引く人の特徴として、物事をゼロか100で考えてしまうことがあります。

 

  • 運動を始めるなら最低でも1時間は歩かなきゃ効果がない
  • 筋トレは20回3セットを1日3回
  • ダイエットなら糖質を完全にカット

 

の様に、やるとなったら完璧を目指します。

 

少しでもできなかったときには「やっぱり自分はダメなんだ」と自信をなくし、全くやらなくなってしまいます。

 

最初は5分の散歩から始めてもいいですし、スクワット3回でも構いません。

 

ゼロと1 は違うのです。

 

ですから腰痛ベルトだって、「今から30分間は外してみる」から始めたっていいんです。

ゼロと100の間には、5だって、20だって、60だってあります。

 

それに、とことんハードルを下げることは、やりたくないことを始めるコツでもあります。

 

 

腰痛は安静にしても良くならない

多くの人は、「腰痛になったら安静にする」

と考えがちです。

 

しかしながら、腰痛に関する研究が進んだ現在では、腰痛になっても動かせる範囲で動いた方が早く良くなることが常識になっています。

 

動かない期間が長引くほど、いざ動かすときに怖くなります。

 

そこから痛みの悪循環が始まり、いつも腰を気にしながら、おどおどしながらの生活しかできなくなってしまいます。

 

それに、動かない期間が長引くほど、いざ動かすときに怖くなります。

 

本当に痛くて動けない場合でも、安静にするのは二日間ぐらいまでにしておきましょう。

 

 

まとめ

腰痛ベルトを使うのは、急性腰痛で痛みが強い時だけにしておきましょう。

 

ベルト常用すると、

  • 腰の筋肉がこわばり弱くなる
  • 腰痛に対する不安や恐怖が増える
  • 活動量が減る

 

などのデメリットが多く、長期的に使用しても腰痛を防ぐことができないからです。

 

それには、腰痛は怖いものではないという認識と、動かしても大丈夫という自信が不可欠です。

 

まずはできる範囲でいいですから、腰痛ベルトに頼らない生活と、強い体を取り戻しましょう。

 

 

Twitterでも発信してます⬇️

あおば秀樹🦴ほねつぎ院長 (@aofujiseikotsu) on Twitter

 

YouTubeでも発信してます⬇️
あおふじチャンネル - YouTube

 

あおふじ整骨院ホームページ⬇️
鶴ヶ島市の整体整骨院 - あおふじ整骨院

 

 

脳に教えれば腰痛は楽になる

脳に教えれば腰痛は楽になる

  • 作者:青葉秀樹
  • 出版社/メーカー: アメージング出版
  • 発売日: 2018/04/09
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)