google-site-verification=J7i02pCkrh1LIiXDfRXy9wHyIMq8s_buOPEHmrs9Qog

ほねつぎ院長ブログ

心と身体のお悩みをサポート

MENU view raw

【マインドセットリセット】ストレスも使いかた次第で変化する

f:id:moroaofuji:20191112163433j:image

・自分はストレスに弱く落ち込みやすい…

・すぐに人を批判的に見てしまう…

・腰痛などで、思ったように体を動かせない…

 

「もともとネガティブ思考だし、性格は簡単に変わらないからどうしようもないんだろうなぁ」と思ってる。

 

このような方にお勧めしたいのが、

ストレスを悪いものとせず、自分の能力を発揮する力に変えていける、マインドセット、リセットです。

 

 

【記事の内容】

  • 心と体に生じるストレス反応をリセットするにはマインドセットを知る
  • 考えが変わると、行動が変わり、人生が変わること

 

物事のとらえ方や考え方が変わると、ストレスとの付き合い方が変化し、人生が好転していきます。

 

 

目次

 

ストレスとの付き合い方を変えていく

「ストレスは敵」ととらえると、「ストレスを避けるべき」と考えます。

 

ところが、「とにかくストレスを避けて生活しよう」とすると、いざ大きな問題が降りかかったときに、必要以上に心と体に大きな影響を及ぼし、回復できなくなってしまいます。

 

一方、ストレスとうまく付き合えるようになると、心身ともに健康になり、生活が充実し、未来が明るくなるなど、良いことばかりが増えてきます。

 

f:id:moroaofuji:20191112163530j:image

 

ストレスを受け入れる

ストレスを完全に避けることなんてできません。

 

ですから、ストレスを受け入れ、うまく付き合っていく方法を考えましょう。

 

ストレスを良いものとしてとらえれば、ストレスを感じた時に心や身体に生じるストレス反応も変化してきます。

 

今自分の頭の中にある、知識や先入観は全て思い込みとも言えます。

 

そしてそれを変えていくことは可能なのです。

 

 

考え方によって受ける影響が変わる

同じような環境や仕事でも、それについてどう考えるかによって受ける影響は変わります。

 

その影響は心だけでなく、体の状態や働きにまで変化を及ぼします。

 

マインドセットとは、経験、教育、先入観などから形成される思考様式のこと。

 

こうした考え方は、長期的な健康や、幸福感にも影響及ぼし、うまくすれば成功へと導きます。

 

 

身体的な反応の変化

考え方やとらえ方が変わると、体の状態や使い方にまで変化が現れます。

 

変化①:血圧や体型の変化

変化②:ストレスホルモンの変化

 

ここであげるのはこの2つです。

 

変化①:血圧や体型の変化

体を動かす仕事なら、一日中座ってやる仕事と比べると、運動量や消費カロリーは相当なものです。

 

ところが、座りっぱなしの生活をしている人と、ホテルで客室係をしている人の、血圧や体重、ウエストなどを比較すると、ほぼ同じという結果でした。

 

立ち仕事や肉体労働などで、「運動をしている」という意識はほとんどなく、疲れをためているだけの人が多いです。

 

 

とらえ方による変化

ある実験があります。

 

客室係をグループ分けし、「客室係の業務は立派な運動になる」というポスターを作成、掲示し、その内容のプレゼンテーションを行いました。

 

別なグループには、健康のために運動がいかに重要か、という説明をしましたが、客室係の業務が立派な運動になることは伝えませんでした。

 

4週間後に、客室係たちの身体の状態をチェックしたところ、「業務が良い運動になる」と告げられた人たちは、

 

  • 体重、体脂肪が減少
  • 血圧が低下
  • 客室係の仕事が以前よりも好きになった

 

といった変化がありました。

 

一方、対照群の客室係たちには、こうした健康効果は現れませんでした。

 

「自分は運動している」と思いながら仕事をしていることが、仕事に対する意欲を向上させ、身体的な変化を引き起こしたのです。

 

f:id:moroaofuji:20191112163555j:image

 

変化②:ストレスホルモンの変化

もう一つの実験をご紹介します。

 

それぞれのグループに、異なる内容の3分間の映像を見てもらい、唾液に含まれるストレスホルモンの有無を調べました。

 

○「ストレスは、パフォーマンスの向上に役立ち、健康を増進し、成長をうながす」と説明したグループ。

○「ストレスがいかに健康に悪く、幸福感を失わせ、仕事のパフォーマンスを低下させるのか」という説明をしたグループ。

 

どちらの説明も実際の研究の引用であり、真実といえます。

 

これらのビデオを見ただけでは、ストレスホルモンの変化はありません。

 

 

「ストレスは役に立つ」ととらえた変化

ところが、模擬試験が始まると、参加者のストレスホルモン値は上昇しました。

 

「ストレスには良い効果がある」というビデオを見た参加者は、

「ストレスは心身を消耗させる」というビデオを見た参加者に比べて、

 

ストレスに負けずに頑張れる、脳の成長を助ける作用のあるストレスホルモン(DHEA)の割合が高くなっていました。

 

これは、薬効のない錠剤を「よく効くクスリ」と言われて飲んだら病気が良くなる、「プラセボ」と同じような効果です。

 

 

マインドセットをリセットする

一般的に、多くの人が持ち合わせているマインドセットは、

 

「ストレスは敵」

ストレスは害を及ぼす」

 

といった考えです。

 

  • 健康や活力が失われる
  • パフォーマンスや生産性が低下する
  • 学習や成長が妨げられる
  • ストレスはできるだけ避けるべき

 

のような感じです。

 

もう一つは、

 

「ストレスは味方で役に立つ」

 

というマインドセットです。

 

  • 健康や活力の向上に役立つ
  • 学習や成長に役立つ
  • ストレスの良い効果を利用するべき

 

ストレスをポジティブにとらえる人のほうが、うつ状態になりにくく、人生に対する満足度が高いことが分かっています。

 

 

ストレスをネガティブにとらえる人の傾向

  • ストレスに向き合おうとせず、考えないようにする
  • ストレスをまぎらわそうとする
  • 酒に逃げたり、依存したりする
  • ストレス源に対して、努力したり意識を向けたりするのをやめる

 

「ストレスは害になる」と考えている人は、そのストレスを感じたとたんに、

「ストレスを減らさなければいけない」と思い、それに従った行動をします。

 

 

ストレスをポジティブにとらえる人の行動

ストレスへの向き合い方や対処の仕方が異なると、結果にも違いが現れます。

 

ポジティブにとらえ、避けたり否定したりせず、正面から向き合えれば、対処する能力や試練を乗り切る自信もついてきます。

 

そして、ストレスに対する耐性がついてくるので、これまで辛かったような出来事にもうまく対処する能力がついてきます。

 

 

まとめ:考えを変えれば人生は変わる

多くの人は、人生を変えなければ幸せになれない、と決めつけてしまいがちです。

 

しかしながら、自分の考えかたを変えれば、自分の望む人生が手に入いる可能性が圧倒的に高まります

 

「ストレスは悪」と考える人ほど、その状況や環境を避け、排除しようとします。

 

本当は、ストレスを減らそうとしなくてもいいのです。

 

  • ストレスを感じたらそれを認識する
  • ストレスを受け入れる
  • ストレスをうまく利用する

 

マインドセットを変えて、ストレスを良いものとしてとらえれば、心と体の反応が良いほうに変化し、人生が好転していくはずです。

 

これまでの定説や常識を疑い、自分の考えや物事のとらえかたを、一度リセットし、違う視点から見てはいかがでしょうか。

 

 

【参考書籍】

腰痛は恐怖や不安との戦い!安心を手に入れる3つのコツ

f:id:moroaofuji:20191108171015j:image

「ぎっくり腰になってから動かすのが怖い…」

「また繰り返すかもしれない…」

「将来手術をすることになったらどうしよう…」

 

腰痛になると、いろいろ考えすぎて不安になるし、痛そうな動きは怖くてできない。

 

腰の痛みを早く解消する方法はあるんだろうか?

 

そんなお悩みにお答えします。

 

実は、腰痛の治りに不安や恐怖、あるいは怒りといった感情が関わっているというのは、科学的に認められた事実です。

 

記事の内容

  • 腰痛になったら、不安と恐怖だらけなこと
  • ストレス感情が腰痛を悪化させること
  • 不安や恐怖を減らすには、できることを増やしていくこと

 

これらについて解説します。

 

 

目次

 

腰痛に不安や恐怖は敵

恐怖や不安といったマイナスの感情は、脳の働きに不具合を引き起こします。

 

その脳の不具合によって、「痛い場所はもう治っているのに、脳が痛みを感じている」といったことが起こるのです。

 

しかし、無意識に生じる不安や恐怖をなくすことは非常に難しいのが実際のところ。

 

そこでまずは、自分が感じている不安や恐怖に気づき、少しずつそれを減らし、安心を増やしていくことが大切なんです。

 

 

不安や恐怖が生じる原因

原因①:レントゲン画像と病名

原因②:腰を過剰に守る思考

原因③:動かしたらやばいという記憶の強化

 

主にこの3つです。

 

 

原因①:レントゲン画像と病名

腰痛になった時、いつ治るのか、仕事を休んだほうがいいのか、何か悪い病気なのではないか、など、いろいろな考えが浮かんできて、心配になってしまいます。

 

そこで多くの人は、整形外科に行って検査を受け、診断してもらいます。

 

ところが、その診断名を聞くことで、もっと不安が増えることもあるのです。

 

f:id:moroaofuji:20191108171704j:image

 

怖い診断名や説明

腰痛になり、画像検査を受けて見つかる傷病名としては、

  • 椎間板ヘルニア
  • 腰部脊柱管狭窄症
  • 椎間板症

 

などが比較的多い疾患だと思います。

 

こうした傷病名から受けるのは、

「変形した骨や軟骨が神経を圧迫し、痛みやシビレが出ている」といった印象です。

 

こうしたイメージは、腰痛患者に対して非常に大きな恐怖を与えます。

 

 

変形は治らないからずっと痛いのだと思い込む

骨の変形は、手術でもしない限り一生このままです。

それに、年齢とともに進行していくことも考えられます。

 

だからといって、痛みもずっと続くわけではありません。

 

変形した部分が、直接痛みを出しているとは限りませんから、炎症や筋肉の損傷が修復されると、痛みは自然となくなっていくことが多いからです。

 

しかし、一度生じた不安や恐怖は、そう簡単にはなくなりません。

 

そのネガティブな感情は、ストレスとして脳にダメージを与えます。

 

すると、脳の機能異常を引き落とし、痛みを慢性化させてしまうこともあります。

 

 【関連記事】

www.moroaofuji.work

 

 

原因②:腰を過剰に守る思考

表面にできた傷と違い、腰痛による痛みの原因は目に見えません。

 

そのため、安静にするべきか、動いていいのかの判断に迷います。

 

普通に生活を送る人もいるし、仕事を休んで安静を保つ人もいます。

 

ただ、必要以上に安静にする行動は、痛みに対する恐怖の表れともいえます。

 

動かさない期間が長引くほど、いざ動かすときは恐怖が先に立ち、痛みを予測し、本当は動かせるその行動を回避させます。

 

すると、関節の機能が低下したり、恐怖によるストレス反応で筋肉がこわばったり、血流が低下したりと、新たな痛みを生じさせることになります。

 

 

悲観的な考えが活動を制限させる

「腰に負担をかけてはいけない」

「もうあの痛みは繰り返したくない」

 

このような悲観的な考えが強いほど、普段の活動を制限したり、腰に悪そうな行動を避けてしまいます。

これを「恐怖回避思考」といいます。

 

たとえば、

  • 物を持ち上げるときの姿勢には細心の注意を払う
  • 「腰を伸ばしてはいけない」など、とにかく慎重に動く
  • 常にコルセットをつけて生活する

 

このような思考が飛躍すると、できないことが増えていき、日常の生活が満足に行えないようになってしまいます。

 

 

原因③:動かしたらヤバイという記憶の強化

腰痛を繰り返すほど、一度経験したことのある痛み行動を、無意識に避けてしまいます。

 

腰を反らしたら痛かった…

くしゃみをしたら激痛が走った…

立ちっぱなしで腰が痛くなった…

掃除機をかけたら痛みが増した…

 

このような、「〇〇をやったら痛くなった」という条件付けの記憶が強化されて、その行動をやるたびに身体は緊張し、ストレス反応が起こります。

 

そのうちに、その行動をやることに苦手意識が出てきて、一生その動作を避けつづけることにもなりかねません。

 

 

脳に安心を与えることが大切

このような、悲観的な考えや後ろ向きの行動を、前向きな考えに変えていくためには、成功体験を繰り返し、脳に安心を与えてあげることです。

 

ここで提案する対処法は、次の3つです。

対処法①:正しい知識にアップデートする

対処法②:体を動かしてみて、できることを増やしていく

対処法③:心と身体の緊張をユルめる

 

対処法①:正しい知識にアップデートする

みんなが言ってるから正しい情報とは限りません。

 

科学的に正しいとされる新しい情報に、アップデートすることが必要です。

 

たとえば、多くのヘルニアは貪食細胞が食べてしまうため、時間とともに消えてなくなります。

 

そもそも、「ヘルニアがあるから必ず痛い」という見立ては、科学的に否定されています。

 

事実として、ヘルニアと痛みとの間に相関関係は無いのです。

 

こうした知識があれば、たとえヘルニアと診断されても、そんなに恐れることはありません。

 

昔は、「バテるから、運動中に水を飲んじゃダメ」と言われていましたが、今は違います。

情報を最新にアップデートしていきましょう。

 

f:id:moroaofuji:20191108172646j:image

 

対処法②:体を動かしてみて、できることを増やしていく

不安や恐怖といった感情や悩みなどは、行動すれば消えていきます。

 

行動しないから悪い結果を予想して、頭の中でぐるぐると考えてしまうのです。

 

腰を反らすのが怖ければ、少しずつ腰を伸ばす練習をしてみましょう。

 

毎日続ければ、1週間後には随分と可動域が広がっているはずです。

 

多少痛くても、「ここまで動かせた」という前向きな考えが自信となり、動くことへの不安や恐怖を減らすことにつながります。

 

 

対処法③:心と身体の緊張をユルめる

とはいえ、どんなに頭の中で「大丈夫、大丈夫」と唱えても、心や身体は無意識に反応してしまいます。

 

脳の「扁桃体」が興奮し、筋肉はこわばり、血流が悪くなる。

そして呼吸は浅くなり、さらに不安は強まります。

 

そんな時は、ゆっくりと深呼吸をしてみましょう。

 

長く息を吐くことで、副交感神経が優位に働きます。

 

それだけで、心身ともにリラックスし、筋肉は緩み、血流が改善します。

 

ただ、深呼吸のやり方にもコツがあります。

間違った深呼吸は逆効果だったりもしますので、正しいやり方を学んでください。

 

 【関連記事】

 

 

www.moroaofuji.work

 

 

リラックスする深呼吸の基本

深呼吸を試したけど、全く効果を感じられないという人もいるかもしれません。

 

それは、やり方が間違っている可能性が高いです。

 

基本的には、吸った時間の倍の長さで息を吐き出すことです。

 

4秒吸ったら8秒吐き出す

6秒吸ったら12秒吐き出す

 

これが基本です。

 

 

まとめ

腰痛で画像検査を受けると、多くの人が骨の異常や軟骨の変性を指摘されます。

 

これは、医師がレントゲンやMRI画像を見て、「悪いとこ探し」をしているからではないでしょうか。

 

検査画像で見つかる異常が、必ずしも痛みを発生させているとは限りませんし、それを確かめることは、誰にもできないのです。

 

それなのに、画像を見せられ、悲観的な説明をされた人は、多少なりともショックを受け、不安や恐怖の感情を持つことになります。

 

  • 正しい情報にアップデートする
  • 行動して自信を取り戻す
  • 心と身体の緊張をユルめる

 

これらを意識することで、腰痛に対するネガティブなイメージを払拭することができます。

 

ネガティブな感情が解消されると、脳の働きが正常化し、治癒力が高まり、その結果、痛みは軽くなっていきます。

 

 

【参加図書】

脳に教えれば腰痛は楽になる

脳に教えれば腰痛は楽になる

 

 

 

Twitterでも発信してます⬇️

あおば秀樹🦴ほねつぎ院長 (@aofujiseikotsu) on Twitter

 

YouTubeでも発信してます⬇️
あおふじチャンネル - YouTube

 

あおふじ整骨院ホームページ⬇️
鶴ヶ島市の整体整骨院 - あおふじ整骨院

 

【感情の動き⑨】Twitterで注目を集めるのに意識するたった1つのこと

f:id:moroaofuji:20191104145950j:image

「ガンバって書いても見てもらえない…」

「Twitterでなかなか反応をもらえない…」

フォロワーが少ないからしょうがないって思うけど、モチベーションを保つのが難しい…

 

このような人に向けた記事になってます。

 

記事の内容

  • フォロワーが増えても読んでもらえないのは見えてかいから
  • 人は目に入ったものを全て見ているわけではないこと
  • 注意という「スポット」で照らされることが必要なこと

 

今は、誰でも文章を書いて、簡単に発信できる時代。

 

でも、せっかく書いても、それが多くの人の目に留まり、読んでもらうというのはとても難しいです。

 

このシリーズでは、Twitterを通じて気づいた、「モチベーションを保つコツ」を中心に書いています。

 

 

目次

 

フォロワーが増えただけでは読んでもらえない

Twitterのフォロワーが、50人の時と500人の時なら、当然500人の時の方が、多くの人に読んでもらえると思います。

 

しかしながら、必ずしもそうとは限りません。

 

私のTwitterのフォロワー数は現在580人を超えたところです。

 

それでも、フォロワーが50人の時と今とを比較して、それほどインプレッション数(ツイートを見た人の数)は変わっていません。

 

これはなぜでしょう?

 

 

そもそも目に入っていない

フォロワー数が100人の頃も、今も、インプレッションを見ると50程度。

※リツイートされた時は一気に増えます

 

理由①:フォロワーさんのタイムラインに出ていない

理由②:結局は、タイムライン上で視野に入っても見えていない

 

読んでもらえない理由をこのように考えます。

 

 

理由①:フォロワーさんのタイムラインに出てこない

これはTwitterの機能上しょうがないのですが、タイムライン上には、フォローしている全ての人のツイートが表示されるわけではありません。

 

その人が、よくリアクションを起こす相手。

つまり、いいねやリツイートを頻繁にしている相手のツイートが優先的に表示されているのです。

 

そしてこれは、人が無意識にやっている現象にも似ています。

 

人の脳も、ものすごい情報量の中から、自分の興味があるキーワードを選択し、そこに注意を向けます。

 

実は現実世界でも、自分が見たいものしか視界に入ってきていません。

 

 

脳は選択的に情報を集める

たとえば、人がたくさん集まるザワザワとうるさい会場の中でも、急に自分の名前や、自分の興味を持っているキーワードが聞こえてきたら、すぐに反応するはずです。

 

自分が興味を持っているキーワードを優先的に選択し、そこに注意を向けることを、「カクテルパーティー効果」といいます。

 

要するに、膨大に溢れている情報の中から、自分にとって重要なことだけに注意が向くこの現象。

それをTwitterの機能がやってくれているわけです。

 

ですから、どんなに頑張ってツイートしても、自分に興味があるなしだけではダメなんです。

みんなの目に届けることは、かなり難しいということになりますね。

 

 

理由②:結局は、タイムライン上で視野に入っても見えていない

あなたは今日、自分の鼻を見ましたか?

鏡で見たとかではないですよ。

 

今も自分の視界の中に自分の鼻は入っているはずです。

ただ、そこに注意を向けていないから見えていないだけなんです。

 

タイムラインに表示されても、そこに注意が向かなければ、見えていないのと同じです。

 

これは、「暗闇の中で懐中電灯やスポットライトの光が当たるところだけが見えている」

そんなイメージです。

 

f:id:moroaofuji:20191102111025j:image

 

全く見えてないわけではありません

とはいえ、スポットの光が当たった周りも、真っ暗なわけではなく、うっすら見えていたりもします。

 

つまり、少しは見えているということ。

 

ですから、何かしらの変化があればそこに気づいてもらえるし、場合によっては、そこにスポットライトを当ててもらうことだってあります。

 

f:id:moroaofuji:20191102111659j:image

 

上の画像では、楽器やマイクの部分にスポットが当たっていますが、そこ以外のところもうっすらと見えています。

 

仮に、うす暗い中に人が現れたら、「変化」が生じたそこに注意が向き、スポットを向けてもらえる可能性も出てきます。

 

 

見てもらう方法を考えよう

そこで、見てもらうための対策をしましょう。

 

私もこれまで色々と試してみました。

  • アイコンや名前を工夫する。
  • 文章の中に絵文字や改行を取り入れる
  • リツイートしてもらう
  • ひたすら文章力をつける

 

などです。

 

アイコンや名前を工夫する

タイムラインを流し読みしていると、まず目につくのはアイコンです。

 

多くの人は、名前よりもアイコンでその人が誰なのかを認識してますよね。

 

それまで使っていたアイコンを変えただけで、フォロワー数が減少することだってある程です。

 

ですから、写真でもイラストでも、見た人の印象が良くなる、目を引きやすいアイコンがいいと思います。

 

 

文章の中に絵文字や改行を取り入れる

その人のツイートは見逃せないというような、強い影響力がある人を除き、普通の人のツイートはどんどん流し読みされていきます。

 

ものすごくためになる内容や、インフルエンサーのような人の投稿は、改行も絵文字も全くないケースがあります。

 

でも僕のような、無名で発信力を持たない一般人のツイートは、どうしても流し読みされてしまいがちです。

 

適当なところに改行があり読みやすく、内容が分かりやすい文章なら最後まで読みますが、反対に、読むのに頭を使ってしまうような文章は、飛ばされてしまうことが増えます。

 

それに、文章だけでは「非言語」の部分が読者に伝わらないので、笑顔や動物といった、機嫌の良さが伝わるような絵文字があると、印象が良くなるはずです。

 

リツイートしてもらう

リツイートしてもらうとインプレッション数が跳ね上がります。

 

私がまだ、フォロワー数が100にも届かないとき、ある作家さんにリツイートされた僕の投稿のインプレッション数は、一気に2万5000以上に跳ね上がりました。

 

これは、自分1人の力ではありえない数字。

 

影響力がある人の投稿を引用リツイートすると、それをリツイートしてもらえたりします。

これで、より多くの人に見てもらえる可能性が増えます。

 

ひたすら文章力をつける

特に大切だと思っているのが、文章の構成や表現の仕方です。

 

フォローしてる人やフォロワーは、自然と自分の発信している内容に近いツイートをしてる人が多くなってきます。

 

すると、「同じような内容を別な人も書いていたな」とか、「これに似た内容は自分も書いたことがあるな」、みたいなことが多々あります。

 

伝えたい内容は同じでも、誰が描くか、どのように書くかで、得られる反応が変わります。

 

数百個のいいねやリツイートを集める人の書く文章を、ひたすら読んでみました。

確かに読みやすく、心に響いてきます。

 

単純にフォロワー数が多いから反応が多いということでもなさそうです。

 

誰が描くか、のところは自分しかないので、私もとにかく、ツイートする文章の書き方については、日々研究中です。

 

 

まとめ

Twitterは、続けてさえいれば、少しずつフォロワー数が増えていきます。

 

しかしながら、フォロワー数が増えたから多くの人に読んでもらえる、とは限りません。

 

すると、何か目的を持ってTwitterをやっている人にとって、モチベーションを保つことが難しくなってきます。

 

フォロワーを増やす方法、読んでもらえる方法は他にもたくさんあります。

 

でも結局は、多くの人に読まれ共感してもらうには、文章力が大切なのだと思います。

 

伝えたいことが分かりやすく書かれた、多くの人に共感を得られる文章には、特別なテクニックとは必要なく、自然と広まっていくのだと改めて感じています。

 

Twitterでも発信してます⬇️

あおば秀樹🦴ほねつぎ院長 (@aofujiseikotsu) on Twitter

 

YouTubeでも発信してます⬇️
あおふじチャンネル - YouTube

 

あおふじ整骨院ホームページ⬇️
鶴ヶ島市の整体整骨院 - あおふじ整骨院

 

 

脳に教えれば腰痛は楽になる

脳に教えれば腰痛は楽になる

 

 

 

多くの人が選ぶ【熟睡用たわし枕】の高評価3つの理由

f:id:moroaofuji:20191101175020j:image

「なかなか寝付けなくて毎日辛い…」

「寝付くのに15分以上はかかる…」

「寝付きの良さにはマクラ選びが大切って聞いたけど、どれを選べばいいんだろう…」

 

こういったお悩みにお答えします。

 

どうやら、「熟睡用たわし枕」というものが人気、ということを知りました。

 

そこで、睡眠学に基づく眠りやすさに注目し、熟睡用たわし枕について記事を書きました。

記事の内容

  • 熟睡用たわし枕のアピールポイント
  • 脳温が下がると眠くなること
  • 密着性と通気性を両立させた枕が良い

 

これらについて解説します。

 

目次

 

たわし枕のアピールポイント

ポイント①:頭皮への刺激が眠りを誘う

ポイント②:頭の温度を低く保つ通気性

ポイント③:頭にフィットする形状

ポイント④:優れた吸水性

ポイント⑤:毎日でも洗える清潔さ

 

この5つがポイントです。

 

ポイント①:頭皮への刺激が眠りを誘う

「たわし」というだけあって、頭皮を適度に刺激するマッサージ効果があります。

 

実は、頭にだって筋肉があるのでコリます。

 

筋肉のこわばりは交感神経を高くし、眠りを妨げます。

 

反対に、筋肉がほぐれれば副交感神経が優位になり、眠りに入りやすくなるのです。

 

要するに、たわしのマッサージ効果が心と体の緊張ほぐし、リラックス状態をつくりだし、そして眠りを誘います。

 

f:id:moroaofuji:20191101175053j:image

 

ポイント②:頭の温度を低く保つ通気性

たわし枕は普通の枕と比較して、頭の温度を下げる効果に優れています。

 

眠るときの重要なカギは、深部体温と脳の温度を下げることなんです。

 

深部体温を下げる重要性については、他の記事で詳しく解説していますので、スッキリ起きれない人必見!入浴と寝具で睡眠の質を上げる3つのコツ - ほねつぎ院長ブログをご覧ください。

 

枕選びのポイントは様々ですが、「熟睡のしやすさ」という点で見ると、通気性の良いものを選ぶのが大切です。

 

脳温が下がると眠くなることはすでに述べました。

頭の熱を放散させるためには、通気性が悪く熱がこもる枕ではダメなのです。

 

最高の通気性を誇るたわし枕が、質の良い睡眠を与えてくれます。

 

 

ポイント③:頭にフィットする形状

多くの人が、首の角度にピッタリ合うフィット感を求め、理想の枕を探します。

 

枕が合わないと、寝心地が悪く不快です。

 

不快とリラックスとは正反対ですから、質の良い眠りを得ることができません。

 

熟睡用たわし枕では、弾力性のある繊維と独特の形状で、うつぶせ寝にも対応する寝心地の良さへと進化を遂げています。

 

 

ポイント④:優れた吸水性

大人は、一晩寝ている間にコップ一杯程度の汗をかきます。

汗をかくことで、肌からの熱放散を増やし、深部体温を下げています。

 

先にあげた通気性の良さと同様に、汗を十分に吸い取ってくれる、吸水性に富んだものが理想です。

 

たわし枕は、この吸水性の面でも従来の枕と比較して、圧倒的な良さを見せています。

 

f:id:moroaofuji:20191101180102j:image

 

ポイント⑤:毎日でも洗える清潔さ

枕カバーならマメに洗濯できますが、枕自体を洗濯することはほとんどないでしょう。

 

「たわし」というだけあって、たわし枕は毎日でも洗濯できるので、清潔さを保つことができます。

 

毎日かく大量の汗でも、洗濯ができるます。

高温多湿の日本でもカビの心配などせず、気持ちよく使うことができます。

 

 

まとめ:とにかく通気性の良さと吸水性が大切

寝具に大切なのは、「かいた汗で熱を肌から放散する」ことを妨げない、通気性の良さが重要です。

 

ここが良くないと、深部体温の変化を妨げてしまい、質の良い睡眠を得ることができません。

 

それに、かいた汗をしっかりと吸い取ってくれる吸水性がないと、熱がこもってしまいます。

 

この2点が特に優れているところから、熟睡用たわし枕が注目されているのだと思います。

 

 

Twitterでも発信してます⬇️

あおば秀樹🦴ほねつぎ院長 (@aofujiseikotsu) on Twitter

 

YouTubeでも発信してます⬇️
あおふじチャンネル - YouTube

 

あおふじ整骨院ホームページ⬇️
鶴ヶ島市の整体整骨院 - あおふじ整骨院

 

【感情の動き⑧】Twitterでいいとこ探し!誰でも簡単にポジティブになれます

f:id:moroaofuji:20191025183052j:image

「SNSで、ついあら探しをしてしまう」

「Twitterでも日常でも、人の嫌なところが気になる」

「できれば、ポジティブな視点で世の中を見たいけど、どうしたらいいか分かりません」

 

こういったお悩みにお答えします。

 

【記事の内容】

  • Twitterには、ポジティブに変われる要素があふれていること
  • Twitterで前向きになる練習ができること

 

Twitterをやる目的は様々ですよね。

その目的の1つを、自分がポジティブ思考に変わる練習にしてみてはいかがでしょうか。

 

Twitterには、「炎上や誹謗中傷など、ネガティブが多くてなんだか怖いな…」なんてイメージがありませんか?

 

でも実は、Twitterには「ポジテイブになれる方法が」あふれているんです。

 

目次

 

 Twitterでポジティブ思考になれる理由

あなたはTwitterをやったことがありますか?

 

Twitterでは、誰かが書いた140字以内の文章を見て、それが良いと思えば「いいね」ボタンをおします。

 

他にも「リツイート」を押して、拡散することもできますが、どちらもプラスの評価による行為です。

 

一般的に何かを評価するときには、「良い」か「悪い」の二者択一になりがちです。

 

これは、脳の性質が、「快」か「不快」の二者択一で物事を判断しようとするからなんです。

 

ポジティブに変わりたい人へ、私からの提案は、誰かのツイートを見たら、ひたすら「いいね」ボタンを押す。それだけです。

 

早速、その理由を書いてきます。

 

f:id:moroaofuji:20191025183123j:image

 

人間は相手を評価している

Twitterの中には、140字以内の文章があふれています。

 

同じ文章を見ても、「いいね」ボタンを押す人と、押さずにスルーする人がいます。

 

当然、評価すらせず読み流しているだけの人もいるでしょうし、厳しく審査して自分の評価基準を超えてやっと「いいね」を押す人もいるでしょう。

それはそれでオッケイだと思います。

 

どちらかというと、全文を読んで、

「ここが気に入らないな」

「この意見は自分と違う」

「なんか自慢ぽいな」

「こいつフォロワーが自分より少ないのに、なんか偉そう」

 

みたいな気持ちで上下で相手を見て評価し、合格点が出ないから「いいね」を押さないというやり方の人も多いのではないでしょうか。

 

これは、現実の社会でも、SNS上でも同じだと思います。

 

 

使い方は自由ですが…

 Twitterの使い方は自由ですから、好きなようにやっていいはずです。

 

でも、この記事ではポジティブになる方法を探っているので、ここからその方法を提案してきます。

 

ポイント①:良い部分を見逃していないですか?

ポイント②:すべてを高評価にすると、自分も周りも変わります

 

これらについて解説します。

 

 

ポイント①:良い部分を見逃していないですか?

たとえば、YouTubeや本のアマゾンレビューを見ると、圧倒的にプラスの評価が多いのに、必ず少しの割合で低評価をつけている人がいます。

 

多分ですが、このような人は無意識に、その作品の「悪いところ探し」「あら探し」をしているのではないでしょうか。

 

本であれば、1冊の中に1つでも自分の理想と違う部分を見つけると、それを非難し評価を下げる人なのだと思います。

 

私が本を読むときには、1つでもためになる事が見つかると、「読んだ甲斐があったな」と思います。

 

  • 作品の中から1つでも良いところを見つけること
  • それに、喜びや満足感を感じられること
  • そして良い評価をつけること

 

これらができたら、「ポジティブ探しに成功している」「ポジテイブ思考になるトレーニングをしている」といえるのではないでしょうか。

 

これはTwitterでも同じと考えます。

 

 

もしTwitterの評価が3段階だったら

Twitterの評価は、「いいね」「リツート」か「スルー、何もしない」の3つ。

 

「良い」か「悪い」かの二者択一ですね。

 

なので、よほどの共感を得られないと「いいね」の数が増えません。

 

みんなの評価が厳しいので、僕も苦戦しっぱなしです。

※これに権威性がプラスされると結果は違います。

 

これが仮に、「いいね」「よくない」「普通」の3段階評価だったとしましょう。

必ずどれかを選び、押さなければいけないというルールがあったらどうなるでしょうか。

 

きっと、「普通ボタン」を押す割合が7.8割になると予想します。

 

「いいね」「よくない」の割合は、きっとそれぞれ1割か2割程度になるのではないでしょうか。

 

このみんなが選びがちな「普通」の評価を、「いいね」or「よくない」のどちらに分類するかで、自分の気持ちが変わります。

 

f:id:moroaofuji:20191025183142j:image

 

分類の仕方で評価が変わる

たとえば3段階評価で見たとき、「いいね」が2割、「普通」が7割、「良くない」が1割だったとします。

 

Twitterでは「いいね」ボタンしかありませんから、「普通」を「良くない」に含めると、8割の人は評価に値しないことになります。

 

ところが、「普通」を「いいね」に含めると、読んだうち9割のツイートに「いいね」を押すことになります。

 

私はそちらの方がポジテイブな視点だと思っています。

 

 

良くないの評価は余程のこと

誰かの攻撃をしているとか、批判のツイートだとか、このような内容でない限りは、高評価に入れていいのではないでしょうか。

 

そもそも、自分が不快になるようなツイートばかりする人のことはフォローしないでしょうから、タイムラインには流れてこないはずです。

 

それなら、読んだツイートの9割にいいねを押してもいいと思います。

 

ためしにやってみてください。

 

 

ポイント②:すべてを高評価にすると、自分も周りも変わること

私は実際にこのやり方を実践しています。

 

よっぽど不快になるような内容でなければ、いいねボタンを押します。

 

「おはようございます」のようなあいさつに「いいね」

「〇〇がおいしかった」のような感想に「いいね」

「明日仕事行きたくないなぁ」のような弱音に「いいね」

基本すべてに「いいね」です。

 

これをしばらく続けていると、タイムラインに流れてくるツイートのほとんどが、自分にとって「いいね」な内容に見えてきます。

 

ここが、ポジティブな視点のスタートです。

 

 

「かげぐち」よりも「かげほめ」がいい

誰かの文章を見て、「構成が良くない」「内容が良くない」といったような、ダメ出しを頭の中でして、悪いほうの評価に入れて批判する。

 

考えは相手には伝わりませんから、頭の中で行われる「かげぐち」のようなものだと思います。

 

反対に、「いいね」ボタンを押したときは「かげほめ」です。

 

相手に伝わるかもしれないし、伝わらないかもしれない。でも、見返りを求めるわけじゃなく、いいねを押す。

 

発すること全てが完璧、な人はいません。

 

だめな部分があっても、良い部分を見つけて褒めてあげる。

 

子育てと同じようなイメージです。

 

こっそりといいねを押してあげる「かげほめ」で、自分の心も良くなります。

そして、もし気づいてもらえれば、相手に対する好意として伝わります。

 

【関連記事】

Twitter初心者向け【感情の動き①】フォロバする時リムる時の心理 - ほねつぎ院長ブログ

 

まとめ:好意には好意が返ってくる

良くも悪くもない普通のツイートのはずなのに、ネガティブな部分を見つけて良くない評価をつける。

これでは自分にも良いことは起こりません。

 

それよりも、何とか1つでも良いところを見つけ、「いいね」を押す。

 

これがトレーニングになるはずです。

 

ポジティブ探しが得意になるうえに、相手に好意が伝われば、お返しがあるかもしれません。

 

「いつも〝いいね″をくれる人はどんな人かな?」と、自分のプロフィールやツイートをチェックし、何かアクションを起こしてくれる可能性だってあります。

 

あまり期待しすぎてもいけませんが、好意には好意が返ってくるものです。

 

「いいね」を押す、それだけで変化を得られることを、私自身、実感してます。

 

 無料登録はこちらから↓

 

Twitterでも発信してます⬇️

あおば秀樹🦴ほねつぎ院長 (@aofujiseikotsu) on Twitter

 

YouTubeでも発信してます⬇️
あおふじチャンネル - YouTube

 


鶴ヶ島市の整体整骨院 - あおふじ整骨院

【感情の動き⑦】固定観念を捨てるとTwitterがうまく運ぶ2つの理由

f:id:moroaofuji:20191023084418j:image

 SNSをやっていると、

「思ったように相手が動かない」

「イメージ通りじゃないとイライラする」

みたいなことがあると思います。

 

日常でもネット上でも、思い込みが強く、自分の頭の中の筋書き通りにいかないと、心がざわついたりするんですよね。

 

このシリーズでは、そんな「余計な心の反応」を減らすためのコツを、Twitterを始めた人向けに書いています。

 

【記事の内容】

  • 継続のジャマをする固定観念について
  • 固定観念を手放しモチベーションをアップするには

 

これらについて解説します。

 

退職のススメ 代行実績No1!!業界最安値で今すぐ退職!!

 

目次

 

固定観念がやる気のジャマをする

人間は、「好きなこと」を「やりたいとき」に行動したくなります。

 

いたって当たり前のことを言ってるようですが、これを理解してないと物事がうまく運びません。

 

好きなことをやりたいときにやるのは、人の本能の部分です。

一方で、人間的な脳が働くと、「〇〇すべき」「〇〇しなければ」のような考えが出てきます。

 

心の安定を保ちモチベーションを持続するには、このあたりを知っておくといいです。

 

ポイント①:全てが予定通りに行くとは限らない

ポイント②:固定観念がジャマをしている

 

ポイントはこの2つです。

 

 

ポイント①:全てが予定通りに行くとは限らない

たとえば、Twitterをやっているときの流れ、をイメージしてみましょう。

 

○気になる人をフォローすると、相手がフォロバしてくれる

○リプライすると、相手がすぐに返してくれる

 

この流れ通りに進むこともあるし、反対に、何もしてもらえないこともあるでしょう。

 

自分の考えや正しさを基準にすると、イメージ通りにいかないときに心がざザワつき、自分のペースが崩れます。

 

f:id:moroaofuji:20191023085442j:image

 

自分の基準に沿わない相手は受け入れない

先日、「フォローしないくせにリプ(コメント)を入れてきた人がいる」といった内容のツイートを見ました。

 

その文章の最後は、「自分は間違ってないですよね?」で締められていました。

 

要するに、「自分のフォロワーじゃない人がリプをしてくるのは間違ってる。リプするのなら、まずはフォローをするべき」という考えなのでしょう。

 

 【関連記事】

www.moroaofuji.work

 

 

 

自分が正しいと思うと不快が増える

その後私がツイートしたのが、下記のリンクです。

 

あおば秀樹🦴ほねつぎ院長 on Twitter: "待合で、たまたま隣り合った老人同士が会話しているのを見ると、ほほえましく思う。 見返りもなく、ただ会話をするだけで楽しそうですね。 「フォローしないくせにリプしてくるのはどうなんだ!」という意見を目にし、 見返りを求めすぎると、「楽しいはずのことが、不快に変わるんだ」と思った。"

※タップするとTwitterに飛びます

 

「リプをしてくる人はその人をフォローするべき」というこの人意見は、「固定観念」だと思いました。

 

少なくとも、僕は共感できなかったので…。

 

「自分が〇〇してるから、相手もこうするべき」というのは押し付けだと思います。

 

せっかくリプをもらえて嬉しいはずの出来事なのに、固定観念がジャマをして不快を生み出した。

 

そんな気がして、僕は先ほどのツイートをしました。

 

 

固定観念が継続のジャマをする

ここまで書いた、

〇〇すべき…

〇〇でなければだめ…

 

といった固定観念が強くなると、自分自身にもデメリットが生まれます。

 

Twitterでよく言われるのが、フォロワーを増やすなら、

  • 1日30ツイートするべき
  • 内容は有益な情報でなければダメ

 

のようなことです。

 

でも、成功することや完璧であることを目指すと、途中できつくなってしまいます。

 

そのことに途中で気づき方向修正しないと、今取り組んでいることを楽しめず、長続きもしません。

 

 

思い込みを削っていきましょう

「Twitterは継続が難しい」とよくいわれます。

 

そう思い込むと、「必死にやらなければ」とか、「手を抜いちゃダメ」とか、やることが「義務」になってしまいます。

 

「〇〇すべき」という考えが、行動の原動力になることもありますが、感情や欲求を理性で抑えつけるため、どこかで嫌になり挫折してしまいがちです。

 

思い通りにいかなかったときのダメージが大きんですね。

 

自分の思い込みに気づき、それを一つ一つ削っていきましょう。

 

 

最初から完璧にはいかない

最初から全力でやっても、まだ、それだけの知識も文章力もなく、イメージ通りにいかないことが多いはずです。

 

それは当然で、それらのスキルは、継続して積み重ねた結果として、のちに手に入れることができるものだからです。

 

もともとセンスを持ち合わせてる人もいるでしょうが、どんな人も、行動に費やした時間が自分を成長させます。

 

ただ、何も考えずに同じことの繰り返しでは、いつまでも向上しないかもしれません。

 

情報をインプットし、アウトプットし、フィードバックして、それを繰り返す。

 

そして継続することで、みんなが必ず自己成長していくはずなんです。

 

その頃には、多くの方に共感される文章を1日30ツイート、軽くこなしてるかもしれませんね。

 

f:id:moroaofuji:20191023090012j:image

 

ネットで買い物するならcolleee

 

まとめ:好きであることが大切

「1日30ツイートするべき」のような「義務感」でやるよりも、「好き」でやってるほうが自然とつづけられるものです。

 

好きでやっているのなら、すぐに結果が伴わなくても、周りに認められなくても、つづけていけるはずです。

 

好きでないと続かない → スキルが上がらない → 結果が伴わない → 挫折する

 

うまくいかないとすぐに嫌になる事は、実は好きじゃないことなのかもしれません。

 

やる気がなくなり挫折する前に固定観念を手放しましょう。

同じことでも、「好き」でやれるなら、周りや結果を気にせず継続できるはずです。

 

 

 無料登録はこちらから↓

 

Twitterでも発信してます⬇️

あおば秀樹🦴ほねつぎ院長 (@aofujiseikotsu) on Twitter

 

YouTubeでも発信してます⬇️
あおふじチャンネル - YouTube

 

 

整骨院↓
鶴ヶ島市の整体整骨院 - あおふじ整骨院

 

 

脳に教えれば腰痛は楽になる

脳に教えれば腰痛は楽になる

 

 

 

【感情の動き⑥】Twitterのモチベーションが続かないをなくすたった1つのこと

f:id:moroaofuji:20191021135435j:image

「フォロワーをたくさん集めて反応を得たい」

「Twitterで稼ぎたい」

 

と思ってTwitterを始めて見たけど反応が増えないし、このままつづけてもメリットがあるのか分からない。

「先が見えないし、もうやめてしまおうかな…」

 

なんて思ってる人に向けて記事を書きました。

 

退職のススメ 代行実績No1!!業界最安値で今すぐ退職!!

 

【記事の内容】

  • モチベーションがつづかない理由
  • 長くつづけるための目標の立て方

 

Twitterを始めて半年以上経って、まだつづけている人は少ないと聞きます。

 

その理由①:Twitterを始めてしばらくは成果が見えずらく、「つづけても意味がないのでは?」といった不安が伴うから

 

その理由②:目標設定が明確でなかったりすると、「フォロワーが増えたけど、これからどうしよう」みたいに迷いが生じ、やる気が失せてしまうから

 

かなと思います。

 

ということで、早速内容に入ってきます。

 

目次

 

理由①:モチベーションが保てないのは不安だから

Twitterを始めてしばらくの間は、書いて投稿してもほぼ反応がないものです。

 

それが1日、2日なら良いのですが、半月、1ヵ月とその状況が変わらないと、不安になってくるものです。

 

  • 自分の文章がつまらないのでは…
  • 自分にはセンスがないのかも…
  • 結構大変だし、結局は時間の無駄になるかもしれない…

 

などといった、いろんな思いが出てくるものです。

 

他のみんなはたくさんのフォロワーを集め、充実しているように見えます。

 

まずここで、モチベーションが下がりやすいのだと思われます。

 

f:id:moroaofuji:20191021144108j:image

 

つづけている人だけフォロワーが増える

他の人のプロフィールを見ると、自分よりもフォロワー数が少ない人をほとんど見かけません。

 

自分が「特別ダメなやつ」に思えてきます。

 

でもよく考えてみると、「自分よりもフォロワー数が少ない人」を見かけないのは当然のことかもしれません。

 

フォロワー数が少ない人 = あまり活動してない人

 

ではないでしょうか。

 

毎日投稿し、他の人のツイートに「いいね」をつければ、自分のプロフィールやタイムラインをのぞいてくれる人が必ずいます。

 

何かしらアクションを起こしていれば、フォロワーは着実に増えていくはずです。

 

つまり、自分よりフォロワーが少ない人を見かけないのは、活動が少ない人ほど表に出てこないだけなのだと思います。

 

つまり、活動している人だけフォロワーが増えていて、しかも活動している人だけが見える。

 

フォロワーが少ない人は、本当の初心者か、情報を受けとるのみの人で、発信をしないから見えないだけといえます。

 

 【関連記事】

www.moroaofuji.work

 

 

 有益情報を発信しなきゃいけないという勘違い

Twitterで成果を上げるには、

  • 有益な情報を発信する
  • 共感を得られる文章書く

 

このようなことが必須、とよくいわれます。

 

このような先入観があるほど、「反応の少ない自分の文章は有益じゃない」と思ってしまいがちです。

 

しかしながら、うまくいってる人すべてが、有益な情報を発信しているわけではないはずです。

 

僕自身のことだと、いつも接触のあるフォロワーさんの投稿を見つけると、内容にかかわらず「いいね」ボタンを押してしまいます。

 

「有益だから」ではなく、「いいね」と思ったから押すだけです。

 

もし、「これは有益だから他の人にも広めたい」と思えば、リツイートです。

 

全体的に見て、いいねと比べてリツイート数が圧倒的に少ないのは、本当に有益な情報の比率はそんなに多くないということなのだと思います。

 

そう考えると、「自分のツイートは有益じゃないかも…」と考えるだけ、時間がもったいないですね。

 

 【関連記事】

www.moroaofuji.work

 

 

 

理由②:目標設定が明確でない

モチベーションを維持できない理由の2つ目として、目標設定が曖昧なことがあります。

 

例えば、

「フォロワーを集めると稼げるらしい」とか、「たくさん反応を集めて目立ちたい」のような理由では、目標が明確じゃありませんよね。

 

このような目標の立てかたでは、途中で目指すところが分からなくなり、挫折してしまうことが多いように思います。

 

「とにかくフォロワー数さえ増えていけば嬉しい」というのであれば、それでオッケイです。

報酬系が働いてモチベーションが得られます。

 

ところが、上記のような曖昧な理由でやる気を出すと、思ったような反応が得られないと、ドーパミンが分泌されません。

すると、モチベーションを保つのが難しくなります。

 

「これは自分に向いてない」とか、「もっとラクに稼げる方法があるかも」のような考えが浮かぶと、やる気は一気になくなります。

 

目標の立てかたが重要なんです。

 

 

理想のイメージと目標は別にする

  • SNSで稼ぎたい
  • フォロワーを10,000人にしたい
  • 世の中への影響力を持ちたい

 

このような大きすぎる目標に向かって行動しても、モチベーションを保つのは難しいかもしれません。

 

こうした「理想のビジョン」を持ちつつ、すぐに達成できる「目先の目標」を立てましょう。

 

  • 毎日投稿して文章力をつける
  • まずはフォロワー数を50に増やす

 

といった具合に、少しがんばれば実現できる目標も一緒に立てます。

 

Twitterで文章力をつけるためには、他の人が書いたものを分析したりして、140字以内に収める要約力を鍛えることです。

 

また、50人にフォローしてもらうためにはどうしたらよいか、そのための情報を収集します。

 

これらの目標を達成する事はもちろん大切ですが、もしできなくても、自分の学びのため、自己成長のためと思えば無駄にはなりません。

 

あるいはゲーム感覚で楽しくやることができれば、ドーパミンが分泌されモチベーションは維持されます。

 

f:id:moroaofuji:20191021174409j:image

 

難易度を少しずつ上げていく

モチベーションの元になるのは、ドーパミンという脳内物質です。

 

「こんなの絶対にムリ」と思う高すぎる目標や、簡単すぎてつまらない目標では、ドーパミンは分泌されません。

 

少しがんばれば達成できそうな目標を立てましょう。

 

「フォロワーが50人」をクリアしたころには、自分もレベルアップしているはずですから、もう少し難しい目標を設定するほうが、ドーパミンが分泌されやすいです。

 

f:id:moroaofuji:20191021174702j:image

 

達成する目標を見やすくする

日によって波がありますから、「今日はフォロワーが1人も増えなかった」なんて日もあるはずです。

 

1ヶ月で500人、のような目標の立てかただと、全く増えない現実にやる気が失せるかもしれません。

 

1週間で15人のような目標であれば、1日あたり2人か3人増えればいいわけですから、今日少なかった分は、明日巻き返せばいいわけです。

 

期限を設けてそれを分割し、成果を見やすくすると、「達成したこと」が見えやすくなり、ドーパミンが分泌されます。

 

その達成感とワクワク感で、やる気が持続します。

  

まとめ

不安なときは、ストレスホルモンが分泌されて、そのことを辞めさせようとします。

 

一方で、目標に向かってがんばろうとする意欲、達成したときの喜びなどには、ドーパミンが分泌されて、それが次のやる気の元になります。

 

ただし、目標が大きすぎるとモチベーションが上がりません。

 

そのときの自分のレベルに応じた目標を設定し、それをこなしてから次の目標を立てる。

 

この繰り返しによって継続しやすくなり、最終的な自分の理想に向かっていけます。

 

 無料登録はこちらから↓

 

Twitterでも発信してます⬇️

あおば秀樹🦴ほねつぎ院長 (@aofujiseikotsu) on Twitter

 

YouTubeでも発信してます⬇️
あおふじチャンネル - YouTube

 


鶴ヶ島市の整体整骨院 - あおふじ整骨院

 

 

脳に教えれば腰痛は楽になる

脳に教えれば腰痛は楽になる